雪道の対策として

日本は、四季がはっきりと分かれている国です。
これほど春夏秋冬が感じられる国は、世界を見渡しても珍しいほどです。
冬には、厳しい寒風が吹き北や日本海側では毎年大雪に見舞われます。
特に、北海道は特別です。
北海道のように、毎年冬に大量の雪が降り積もる豪雪地にも関わらず、数百万人もの人口があるという地域は世界でも北海道だけです。
豪雪地は人口が少ないというのが世界共通と言えます。
ところが、稀な北海道では人口が多いだけに走行している車両の台数も多いです。
そして、広大な北海道では車は必需品ですから、どんなに雪が積もっても乗らなければなりません。
積雪した路面は、当然グリップが効かずに滑ります。
走行している車両は全てスタッドレスタイヤを装着していますし、スタッドレスタイヤ以外では走行することができません。
ところが、耐久性の落ちたスタッドレスタイヤなどを装着していると滑りやすい路面も存在します。
そのような場合は、チェーンを装着すると安心できます。
チェーンを付けるとハンドリングに不安があるという心配する声もありますが、走行安定性は高いですし、耐久性も申し分ありません。
チェーンを装着し、スタッドレスタイヤを超えたグリップを手に入れましょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。