雪道の対策として

雪国で冬季に車を使用する際には、凍結や積雪に対する備えを行わなければなりません。
毎年積雪をする地域では、スタッドレスタイヤに交換することが一般的ですが、普段雪の降らない地域の人がスキーや旅行などで雪国に行く際には、チェーンを使用するのが安心です。
スタッドレスタイヤを持っていない人は、わざわざ旅行のためなどに新しくタイヤを購入するのは金銭的にも負担が大きく、毎年使うわけでは無いのであれば、劣化も早くなってしまいます。
積雪対策としてチェーンを購入する際には、最近主流になっている樹脂製のものが取り扱いやしやすく、脱着も容易に行うことができます。
これに対し、金属製のチェーンは、ねじれや絡まってしまったりと、脱着の際にはコツが入りますが、滑り止め効果が高く、また価格が安価なことも利点となっています。
またこれ以外にも樹脂製のものに比べ耐久力が高いため、一度購入したらずっと使い続けることができるのも大きなメリットとなっています。
しかし、保管している間に錆びついてしまうこともあるため、使用したあとは水分を完全に乾かすなど、ケアをきちんと行うことが大切です。
また、脱着の際にどうしてもやりづらければ、ジャッキアップをしてしまうのもひとつの方法です。

コメント

コメントを受け付けておりません。