雪道の対策として

金属チェーンとゴム製のチェーンを使ってきました。ゴム製のチェーンでは、音が静かで乗り心地は、積雪のない道路や乾いた路面ではっきりとわかります。ゴツゴツとした乗り心地で、快適性はありません。快適性を求めるのであれば、ゴム製のタイヤチェーンをおすすめします。走行音については、運転していて車内に響いてくるほどです。雪道を歩いていて、キンキンという音をたてて走る車の音は気になってしまいます。歩行者への配慮も考える時代になってきました。積雪の道路を走れば、音の差は縮まるものの、ゴム製チェーンの方がよいようです。また、スタッドレスタイヤの能力も向上し、チェーンを使う場面が減ってきています。普段の生活の場面では、スタッドレスタイヤで十分に耐えうる能力も持つようになってきました。もちろん各社のカタログデータを見るとその制動力も高まってきています。メリットは減ってきているのかも知れません。道路を走るスピードは、音や耐久性からどうしてもあげられません。チェーンは、緊急のもので普段使いにはならなくなってきたんだと思います。雪山に行くには、緊急用として持つことは必要かと思います。スタッドレスの向上から、チェーンは不要とまでは言いませんが、緊急用として準備しておくことでよいかと思います。

コメント

コメントを受け付けておりません。