雪道の対策として

アイスバーンのような路面が凍り付いている特に上り坂は、車で走行するのには4WDでも大変です。ましてや2WDの場合には、走行不能になることも珍しくありません。このような悪条件下では、金属チェーンを装着するのが最後の砦です。
2WDにチェーンを装着する時には、駆動輪にします。前輪駆動車では前輪にしますが、ハンドルへの振動が結構ありますので、あまり長い距離の移動は実際上無理かもしれません。後輪駆動車は後輪に装着しますが、こちらの方が運転時のストレスは少ないでしょう。
4WDで金属チェーンを装着するような時は、相当ひどい状況で、かなりの危険があると思ったほうが良いでしょう。4WDの場合には、前後輪どちらも駆動しますので迷いますが、前輪に装着するのが走破力があります。何しろ、このような状況は緊急事態ですから、多少運転にストレスを感じても我慢します。
さて、金属チェーンを使い終わった後は、錆に注意します。雪道には、塩化カリウムなどの融雪剤を撒くのが一般的ですから、鉄などの金属はすぐに錆びてきます。一旦錆で表面が覆われますと、それはそれで良いのですが、きれいに使いたい場合には、汚れを落として油分などを塗っておくと錆びにくくなります。

コメント

コメントを受け付けておりません。