雪道の対策として

雪深い地方に住んでいる人や、スキーやスノーボードなどのウインタースポーツを楽しむ人は、車も雪国を走行するための備えをしなければなりません。
雪が積もっている状態はもちろんのこと、道路に雪がなくても、早朝や夜間などは路面が凍結している場合もあるため、スリップを防ぐためにタイヤにすべり止めの措置を行わなければなりません。
スリップ防止のための措置として代表的なものはスタッドレスタイヤへの交換ですが、普段は雪が降らない地方に住んでいる人は、わざわざスタッドレスタイヤを備えるのも費用の面で勿体無いものです。
そこで、緊急的な措置としてチェーンを使用するのが有効ですが、不慣れな人にとって、チェーンを装着するのはそう簡単なことではありません。
特に金属製のチェーンはねじれなどが発生することもあるため、不慣れな人では装着するのに長い時間がかかってしまうこともあります。
そうした時は、いっそジャッキアップを行って、車輪を完全に浮かせた状態でチェーンの取付を行うのが有効です。
ジャッキを使用する際には、タイヤに輪留めを行なうなど、不意に車両が動くことがないようにするとともに、ジャッキポイントに的確にジャッキをあてることが大切です。

コメント

コメントを受け付けておりません。