雪道の対策として

金属チェーンは、自動車が特にすべりやすい雪道の走行などに昔から用いられているもので、数あるチェーンのなかでも、その制動能力の確かさは群を抜いてすぐれているものです。
金属チェーンの多くは亀甲型やラダー型とよばれる形状をしており、取り付けをする際には自動車を動かしてタイヤを適正な位置にスタンバイさせなければならず、ちょっとしたコツが必要となります。
このため、現在ではより手間がかからずに取り付けができ、重量としても軽くて取扱いが簡単な特殊ゴム製などの非金属チェーンも出現していますが、硬度があって水にも強いという特性をもつニッケルなどの素材でつくられた金属チェーンのほうが、耐久性という面では格上といえます。
しかも、非金属チェーンは値段的にはかなり高価となってしまう反面、伝統的な金属チェーンであれば、かなり安価に手に入れることができることから、性能と価格をてんびんにかければ、金属チェーンのほうがコストパフォーマンスがより高いとされています。
金属チェーンのデメリットとしては、走行中の振動や音がうるさかったり、チェーンを付けたままでは高速で走行することができないといったことが挙げられますので、想定される利用シーンに応じてチェーンを選ぶのがよいでしょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。