雪道の対策として

雪道における金属チェーンの特性とは

普段、雪の降らない地域だけ走っている車は、1年中普通タイヤのことが多いですから、雪道を走る時にはチェーンの装着が必須になります。チェーンには、金属製と樹脂製など金属以外の材質でできている2種類あります。乗用車などでは、樹脂製のような騒音や振動の少ない、路面にも余りキズをつけないタイプのものがよく使われます。ただ、これは、価格が高いことや着ける時にジャッキアップが必要なこともありますので、たまに使うのであればもったいない気がします。
一方で、金属チェーンは、使用後の手入れが少し面倒なのと、雪の状態にもよりますが、圧雪路やアイスバーンなどでの振動や騒音により乗り心地が良くないことがあげられます。特に、前輪駆動車の場合には、ハンドルへのキックバックが大きいですから、運転していてかなりのストレスを感じます。
しかし、金属製は安価ですから、もしもの時のために1組くらいはトランクに入れておいても良いでしょう。雪が積もることがない地域でも、1年あるいは何年かに1度は雪が積もることもあります。そのような時には持っていると役立ちます。
ただし、持っているだけでタイヤに着けられなければ意味がありませんので、暇な時に着ける練習をすると良いでしょう。慣れるとジャッキアップしないで出来るようになります。